精神疾患

全般性不安症

全てが不安でたまらない。

めまいや不眠の症状がある。でも体に異常はない。

 

それはもしかしたら、全般性不安症かもしれません。決して珍しくないのに、あまり知られていない全般性不安症について、基本情報をまとめました。

 

全般性不安症の定義(DSM-5から勝手に翻訳)

 

a.過度な不安や心配が6ヶ月間ほぼ毎日、様々な出来事に関して起こる

b.不安をコントロールするのが難しいと感じている

c.下の6このうち、3つ以上が当てはまる

 1.休めない、緊張していていたりイライラしてしていると感じる

 2.簡単に疲れてしまう

 3.集中するのが難しい

 4.怒りっぽい

 5.体が張っている

 6.睡眠障害(不眠、休まった気がしない、満足な睡眠が取れないなど)

d.症状がストレスになっていたり、社会生活、仕事などに影響を及ぼしている

e.症状が生理的なものや薬の影響ではない

f.他の精神疾患で説明ができない

 

全般性不安症の症状

不安

一言でいうと、不安が長く続く病気です。様々な場面で不安が絶えません。

例えば、「子供が病気になったらどうしよう」「友達が事故にあったらどうしよう」「失業したらどうしよう」「約束に遅れたらどうしよう」といったものです。

私たちは、日常的にも不安を感じます。しかし、全般性不安症はその不安が過度で長く続き、また生活に支障をきたすときに診断されます。

 

コントロールできない

全般性不安症を持っていると、自分では心配してもどうにもならないことがわかっていたとしても、不安を止めることができません。

 

身体症状

パニック発作ほどではありませんが、身体症状が現れます。汗をかく、めまい、動悸、ふらつきなどです。

 

情緒

不安感が強くなると、イライラすることが多くなったり、疲れやすくなったりします。また、集中しにくくなることもあります。結果として、仕事や学業に手がつかなくなってしまうのです。

 

病識

全般性不安症を持つ人は、その症状がまさか疾患だと思っておらず精神科の受診につながらないことが多いです。また、身体的症状から内科を受診するものの原因がわからない人も多くいます。

 

全般性不安症の有病率

青年で100人に1人、成人で100人に3人ほどと言われています。これは、アメリカでの報告で、国ごとに異なるとされています。ヨーロッパ系の人の方がなりやすい(!)と言う報告もあります。

また、女性の方が2倍ほど男性より全般性不安症になりやすいと言われています。

 

参考文献

Diagnostic and statistical manual of mental disorders: DSM-5. (2013). Washington, DC: American Psychiatric Publishing.

上島国吏, 最新図解 やさしくわかる精神医学, ナツメ社,  2019.

 

LINEで最新記事情報を受け取ろう!友達追加はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mido

NeBA MEDIAリーダー。慶應義塾大学総合政策学部1年。大学で認知心理学と視線処理を用いた、定量的な自閉症の診断を研究しています。ASD当事者。概日リズム障害、不登校なども経験済み。中高時代はカナダ・BC州に在住

-精神疾患
-,

© 2020 NeBA Powered by AFFINGER5