発達障害

言語障害

発達障害ではない、知的障害も聴力の問題もない。

それでも言語の取得に障害があるように見える・・・。

実は、言語障害という発達障害があります。

調べてもほぼ出てこない、発達障害の1つ、言語障害についての基本情報です。

 

言語障害の定義(DSM-5から勝手に翻訳

 

a永続する言語の習得及び言語の使用の難しさがある(喋る、書く、手話など)そして以下の障害による物

1少ないボキャブラリー

2限られた文法

3講話での障害

b言語がその年代での期待値より低く、コミュニケーション、社会参加、学業、職業などが限られてしまっている

c発達の早い段階で症状が始まっている

d聴覚などをはじめとした感覚の障害、運動機能障害、精神疾患や知的障害などによる物ではい

 

言語障害の症状

言葉の習得

文法やボキャブラリーに限りがあり、結果としてうまく文章を作ることができません。

ボキャブラリーは同年代の子供と比べて少なく、文章は短い傾向があります。特に過去形などでの間違いが多いです。

言葉の定義や類語、複数の意味の理解が遅れ、言葉遊びなどが同年代の子供と比べて少ないです、

 

言葉を話し始めるのが遅い傾向があります。

 

言葉の理解

言葉の理解は低く見られていることが多いです。子供によっては、隠喩などが理解できることもあります。

 

新しい言葉の記憶

新しい単語や文章を覚えるのに難しさがあります。長い指示に従ったり、電話番号や買い物リストを覚えること、発音を覚えることが苦手です。

 

影響

学習や仕事、コミュニケーション、社会交流などで障害が出ます。

 

参考文献

Diagnostic and statistical manual of mental disorders: DSM-5. (2013). Washington, DC: American Psychiatric Publishing

LINEで最新記事情報を受け取ろう!友達追加はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mido

NeBA MEDIAリーダー。慶應義塾大学総合政策学部1年。大学で認知心理学と視線処理を用いた、定量的な自閉症の診断を研究しています。ASD当事者。概日リズム障害、不登校なども経験済み。中高時代はカナダ・BC州に在住

-発達障害
-,

© 2020 NeBA Powered by AFFINGER5