精神疾患

反応性愛着障害・反応性アタッチメント障害

不適切な養育環境に置かれることで発症するとされる反応性愛着障害・反応性アタッチメント障害。

医学的に診断されることはあまりありませんが、大人になって発達障害のような症状に悩んでいる方には参考になるかもしれません。

 

反応性愛着障害の定義(DSM−5より勝手に簡略)

a養育者に対して抑制的で引きこもった行動が現れる

 1.苦痛な時でも滅多に安楽を求めない

 2.苦痛な時でも滅多に安楽に反応しない

b次のような対人交流や情動の障害がある

 1.他の人に対して最小限の対人交流や情動の反応しかしない

 2. ポジティブな感情が制限されている

 3.養育者との苛立たしさ、悲しみ、恐怖のエピソードがある

c.以下のような不十分な育成環境にいた

 1.社会的ネグレクト

 2.養育者が頻繁に変更

 3.普通でない状況における養育

d.cがaの行動の原因とみなされる

e.自閉症スペクトラム障害の基準は満たさない

f.5歳以前から症状がある

g.9ヶ月以降の発症年齢である

 

反応性愛着障害の症状

 

反応性愛着障害は一言で言うと「過度に大人を警戒している」状態です。

 

アタッチメントの欠如

子供は滅多に、安楽、支え、保護、愛情などを養育者(育てている大人)に求めることができません。大人との間にアタッチメントがかけてしまっている状態です。

一般的に子供は苦しい状態になると、養育者に助けを求めます。その能力がかけてしまうのです。

例えば、抱きつく、泣きつくといった行為が少ないです。

 

感情の少なさ

ポジティブな表情が現れる回数が減ってしまいます。感情の調節能に障害が現れてしまっている状態です。

嬉しさや楽しさなど笑顔を見せることが少なかったり、表情が表に出ていなかったりします。人の優しさを痛がることもあります。

 

対人交流

他の子供に興味を示さない、交流しないなどの症状が出ることがあります。信頼しているような様子も見せないため、自閉症スペクトラム障害のような症状にも見えます。

 

反応性愛着障害のその他症状

ネグレクトに関係があることから、発達の遅れなどを伴うことがあります。栄養状態などにより、認知の遅れなどの障害が出ていることがあります。

 

上手に甘えることができないため、いじっぱりだったり、わがままになってしまうことがあります。

 

反応性愛着障害の有病率

数字が分かっていないのが現状です。精神科などで見かけること・医学的に診断されることは少ないとされています。

 

また、数年で改善がみられるとされているため、成人の研究はほとんどありません。

 

参考文献

 

愛着障害(アタッチメント障害). (n.d.). Retrieved November 11, 2020, from http://www.madreclinic.jp/pm-top/pm-symptom/pm-symptom-21/

HOME. (n.d.). Retrieved November 11, 2020, from https://www.hosp.u-fukui.ac.jp/specialty/8006/

 

LINEで最新記事情報を受け取ろう!友達追加はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mido

NeBA MEDIAリーダー。慶應義塾大学総合政策学部1年。大学で認知心理学と視線処理を用いた、定量的な自閉症の診断を研究しています。ASD当事者。概日リズム障害、不登校なども経験済み。中高時代はカナダ・BC州に在住

-精神疾患
-, , , ,

© 2020 NeBA Powered by AFFINGER5