精神疾患

統合失調感情障害

統合失調感情障害って聞いたことありますか?

統合失調症とは違うの?感情って何?と思われた方も少なくないでしょう。

と言うわけで、統合失調感情障害のまとめです!

 

統合失調感情障害の定義(DSM-5から勝手に簡略)

A.統合失調症の基準A(妄想、幻覚、言語の障害、酷くまとまりのない行動、マイナスの思考が1ヶ月以上続く)と同時期に気分エピソード(抑うつエピソードか躁エピソード)が存在する

B.気分エピソード(抑うつエピソードか躁エピソード)がなく、2週間以上幻覚や妄想が現れた時期が存在する

C.気分エピソードは疾患の半分以上の期間に存在する

D.他の疾患や物質によるものではない

 

統合失調感情障害の症状

一言で言うと「統合失調症と気分障害が同時に現れる疾患」です。

 

統合失調症の症状

統合失調感情障害では統合失調症の基準A(妄想、幻覚、言語の障害、酷くまとまりのない行動、マイナスの思考が1ヶ月以上続く)が現れます。

これ以外の基準は満たしていなくて良いです。

統合失調症について詳しく知りたい場合はこちら。

 

抑うつ・躁うつエピソード

興味が持てなくなったり、喜びを感じられなくなると言った症状は、統合失調症でもみられる症状です。

統合失調感情障害と診断されるには、明確に躁エピソードまたは鬱エピソードの基準を満たしている必要があります。

また、抑うつ・躁うつエピソードの現れる期間が半分以上なことも特徴です。これ以下の場合、統合失調症と診断されます。

 

鬱エピソードとは

 

1、抑うつ気分が一日中続くのがほとんど毎日。自分で悲しい、絶望、空っぽと感じるか他の人に言われる

2、楽しみを感じなくなる。興味がなくなる

3、体重の急激な増加または減少

4、不眠・仮眠がほとんど毎日

5、精神運動の興奮または遅れ

6、疲れやすい。エネルギーがないように感じる

7、ほぼ毎日価値がないように感じる

8、集中力がなくなる

9、死にたい気持ちが強くなる

 

躁エピソードとは

 

・普通でなく、継続的に気分が高揚したり、開放的な気分になったり、怒りやすくなる

・普通でなく、継続的にゴールに向かった行動や気力が続く

・一週間以上続き、ほぼ毎日症状が出る

下の3つ以上が当てはまる

・自分の自信が誇張された状態

・睡眠時間の減少

・よく話すようになる

・アイデアが飛んだり、考えが疾走する 観念奔逸または思考促迫

・注意散漫

・ゴールに直結した行動が増える、精神運動的に興奮する

・よくない結果になりそうなことをする

 

統合失調感情障害のその他症状

 

自殺

統合失調感情障害を持つ時との自殺率は5%ほどあります。

特に抑うつ症状を持っている場合は注意が必要です。

 

有病率

統合失調症の1/3程度、1000人に3人ほどとされています。成人した後あたりに発症することが多いです。

 

予後

統合失調症よりは良いと言われています。

 

参考文献

 

Diagnostic and statistical manual of mental disorders: DSM-5. (2013). Washington, DC: American Psychiatric Publishing.

 

LINEで最新記事情報を受け取ろう!友達追加はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mido

NeBA MEDIAリーダー。慶應義塾大学総合政策学部1年。大学で認知心理学と視線処理を用いた、定量的な自閉症の診断を研究しています。ASD当事者。概日リズム障害、不登校なども経験済み。中高時代はカナダ・BC州に在住

-精神疾患
-, ,

© 2020 NeBA Powered by AFFINGER5