精神疾患

社交不安障害/社交不安症

社交不安障害は人前で話すのが苦手だったり、人に意見を述べるのが出来ない・・・など人見知りが過剰になった症状を指します。その様な状況では当事者は社会生活の中で「生きづらさ」を相当抱えているのではないでしょうか。社交不安障害について詳しく見てみましょう。

診断基準( DSMー5より)

A. 他者の注視を浴びる可能性のある1つ以上の社交場面に対する、著しい恐怖または不安。例として、 社交的なやりとり(例:雑談すること、よく知らない人に会うこと)、見られること(例:食べたり飲 んだりすること)、他者の前でなんらかの動作をすること(例:談話をすること)が含まれる。
注:子どもの場合、その不安は成人との交流だけでなく、仲間達との状況でも起きるものでなければ ならない。

B. その人は、ある振る舞いをするか、または不安症状を見せることが、否定的な評価を受けることにな ると恐れている(すなわち、恥をかいたり恥ずかしい思いをするだろう、拒絶されたり、他者の迷惑になるだろう)。

C. その社交的状況はほとんど常に恐怖または不安を誘発する。
注:子どもの場合、泣く、かんしゃく、凍りつく、まといつく、縮みあがる、または、社交的状況で 話せないという形で、その恐怖または不安が表現されることがある。

D. その社交的状況は回避され、または、強い恐怖または不安を感じながら耐え忍ばれる。

E. その恐怖または不安は、その社交的状況がもたらす現実の危険や、その社会文化的背景に釣り合 わない。

F. その恐怖、不安、または回避は持続的であり、典型的には6カ月以上続く。

G. その恐怖、不安、または回避は、臨床的に意味のある苦痛、または社会的、職業的、または他の重要 な領域における機能の障害を引き起こしている。

H. その恐怖、不安、または回避は、物質(例:乱用薬物、医薬品)または他の医学的疾患の生理学的作用 によるものではない。

その恐怖、不安、または回避は、パニック症、醜形恐怖症、自閉スペクトラム症といった他の精神疾 患の症状では、うまく説明されない。

J. 他の医学的疾患(例:パーキンソン病、肥満、熱傷や負傷による醜形)が存在している場合、その恐 怖、不安、または回避は、明らかに医学的疾患とは無関係または過剰である。

▶ 該当すれば特定せよ パ フ ォ ー マ ン ス 限 局 型 :その恐怖が公衆の面前で話したり動作をしたりすることに限定されている場合

社交不安障害の人が嫌がること

 

1 人前で電話をかける
2 小人数のグループ活動に参加する
3 公共の場所で食事をする
4 人と一緒に公共の場所でお酒(飲み物)を飲む
5 権威ある人と話しをする
6 観衆の前で何か行為をしたり話しをする
7 パーティーに行く
8 人に姿を見られながら仕事(勉強)する
9 人に見られながら字を書く
10 あまりよく知らない人に電話をする
11 あまりよく知らない人達と話し合う
12 まったく初対面の人と会う
13 公衆トイレで用を足す
14 他の人達が着席して待っている部屋に入って行く
15 人々の注目を浴びる
16 会議で意見を言う
17 試験を受ける
18 あまりよく知らない人に不賛成であると言う
19 あまりよく知らない人と目を合わせる
20 仲間の前で報告をする
21 誰かを誘おうとする
22 店に品物を返品する
23 パーティを主催する
24 強引なセールスマンの誘いに抵抗する

 

原因(ひだまりクリニック クリニックブログより簡略化)

 

社交不安障害の原因はまだ明らかではない。

1 脳

主流の考え方の一つは脳。脳の神経伝達であるセロトニンやドーパミンがうまく機能しないことによって、強い不安が生じられると考えられている。また危険を察知する扁桃体という脳の部位が過剰に活動する為、人前で強い不安を感じるという説もある。

2 性格

日本人はシャイな性格な人が多いと言われているが、例えば
・真面目で責任感が強い
・心配性で完璧主義
・人との交流が苦手
・人からよく思われたい
・人との交流を求めない

などの気質がある人は社交不安障害になる傾向がある

治療法(ひだまりクリニック クリニックブログ・人形町メンタルクリニック)

 

(1)薬物療法

セロトニンの機能障害を調整するため、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬:デプロメール、ルボックス、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬:トレドミン・サインバルタ・イフェクサーSRといった薬が使われることが多い。他にも、不安が強い人には不安を落ち着かせるために抗不安薬が用いられることもある。

(2)心理療法

社交不安障害の人は、「自分は人と上手に接することができない」、「人と接するときには顔が真っ赤になっているので、おかしい人だと思われている」のように自分に対して否定的に考えてしまっていまう。心理療法では、この否定的な考え方を緩めていく。
対話を通しての心理療法だけではない。行動療法などを応用して社交不安障害の治療に取り組むこともある。

出典

社会不安症の評価スケール
https://at-doctor.com/assets/pdf/社交不安症の評価スケール%E3%80%80LSAS-J調査票%20(1).pdf

人形町メンタルクリニック 社交不安障害
http://www.cocoro-support.com/Social_Anxiety_Disorder.html

ひだまりメンタルクリニック クリニックブログ
https://hidamarikokoro.jp/blog/社交不安障害の原因は性格ではない!治る病気な/

DSMー5

LINEで最新記事情報を受け取ろう!友達追加はこちら

-精神疾患
-

© 2020 NeBA Powered by AFFINGER5