僕たち・私たちの声

自閉症スペクトラム障害であることは武器になる?(mido)

 

 

こんにちは。サイトを作っている大学生のmidoです。ちょっと当事者が感じてることブログを書いてみようと思います。

 

 

自閉症スペクトラム障害には過集中があるって言われてる。こだわり能力とか、何かに対する執着とか。そしてその恩恵(?)をめっちゃ受けまくってる話。ASDであることは武器になるのか説。

 

サイトをたちあげる!って思ったのは結構前なんだけど、動き始めた即日にサーバー借りて、初心者のくせに1週間でここまで組んで記事書いたのはわりとすごくね?と思ったりしてる。1日なんだかんだ平均3〜4時間はサイト作りをして、1時間SNS関連をして、htmlの勉強とかもしていたらしい。

 

そういうことはよくある。

 

 

料理は大学生までほとんどしたことなかった。

苦手だから、作り溜めをしようと思って、キッチンに立って、気がつくと7時間も8時間も立っている。

うちの家はコンロが2つしかないのに、なんで10何品も作ったのかが謎だよと言われることもある。わたしにも謎だ。

 

勉強を始めよう、と夕方に思う。次に時間に気が付いたのは朝の8時くらい。あれ?学校始まってるじゃん、、、、ってなる。

そしてBGMとしていたアニメを3シーズン分は流していたなあ、と気が付く。

そんなんを繰り返してるから、成績はいいのに登校率は一向に上がらない。いつ勉強してるの?とかよく言われる。

勉強しているときには時間感覚が本当に飛んでいる。高2と高3の数学は、合わせて3ヶ月で終わらせていた。(カナダのカリキュラムだからだけど、本来は合わせて1年かかる)

 

塗り絵も小さい時好きだった。

理由は一回始めると週末が秒で飛んでいくから。

1人で過ごさなくちゃいけないときに、塗り絵は退屈つぶしとして最高だった。昼ごはんも忘れて何時間も熱中していたと思う。

 

 

小さい頃からこうだから、何か疑問は感じたことはなかった。みんなこうだと思っていた。

でも、これが自閉症スペクトラム障害の過集中なのかなーと最近感じる。

過集中をわたしとともだちは「あさどってる」(ASDってる)と勝手に呼んだりしているんだけど、うまく使えば本当に作業効率は高い。

ここだけ聞くと便利だけど、わりとめんどくさい。

 

グルワとか人と足並みそろえなきゃいけないことを突っ走ってしまう。学級活動とかでなにかリーダーになると(ほぼなかったんだけど)周りがついてこれない。演奏の指揮者とか、移動教室の出し物の係とか。グループ活動も。私一人でやった方が早いと感じてしまう。結果トラブルになる。

 

自分の体力をガン無視してしまうのも問題だ。私はそもそも体力がない。買い物に行って息が上がるレベルだ。それが過集中だからといって何時間も経って料理をしたりしていると、間違いなくぶっ倒れる。

ストッパーがないのだ。

 

そして、過集中の時と全く集中できない時がある。過集中の方が効率がいいから、やりたくない時はやらない。と自分の中で決めてる。そうすると授業中に全く集中できなかったり、締め切り前にやる気が出なかったり、ということがある。本当に気まぐれだ。

 

 

たぶんこの能力を活かすには二つ、必要なものがある。

突っ走っても良い立場にいること。まとめる、とかじゃなくて、作業だったら永遠してる。1人の活動だったらかなり進む。自分の特性を周りが理解してくれてることが大切だ。

 

そして、誰か止めてくれる人がいること。わたしが過集中しまくってる時に、3時間くらいで休みな、と声をかけてくれるとめっちゃ嬉しい。じゃないと体力ガン無視してぶっ倒れる。

わたしのASDの過集中っぽいエピソードでした。

当事者の体験談も需要あるかなーと思い実験的にやってみました。感想や意見があれば待ってます!

LINEで最新記事情報を受け取ろう!友達追加はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mido

NeBA MEDIAリーダー。慶應義塾大学総合政策学部1年。大学で認知心理学と視線処理を用いた、定量的な自閉症の診断を研究しています。ASD当事者。概日リズム障害、不登校なども経験済み。中高時代はカナダ・BC州に在住

-僕たち・私たちの声
-, , , , ,

© 2020 NeBA Powered by AFFINGER5