もっと知ろう 発達障害 自閉症スペクトラム障害

発達障害を持つ人が得意なことって?認知心理学の特性から

 

発達障害をつ方で「発達障害の強みってなんだろう」と感じる方は多いのではないでしょうか。

本記事では、認知心理学をメインに大学で学んでいる学生が、認知心理学の観点から「発達障害(自閉スペクトラム症)の得意なこと」をまとめていきます。最後に特性を踏まえて向いているかも?という職業などもご紹介します。

こんな方におすすめ

  • 発達障害当事者で自分の得意なことがしりたい
  • 認知心理学に興味がある
  • 自閉症の才能について興味がある

 

認知心理学って?

認知心理学は心理学の1分野になります。ものを「知ること」や「認識すること」を理解しよう!という学問です。と、いってもわかりにくいと思うので具体的な例をあげてみます。

  • 視覚(錯覚とか)

  • 記憶

  • 注意

 

発達障害を持つ人は「細かいことに注意がむきやすい」

 

自閉スペクトラム症の人は「細かいことに注意がむきやすい」という特性が報告されています。実際にどういうことなのか体験してみましょう。

 

上の図形は何でしょうか。

S?5?H?

 

上の図形は小さなHが大きなS(もしくは5)を作っていますよね。

実は多くの人にとって大きなS(もしくは5)を探す方が小さなHをさがすより簡単なんです。なぜかというと、基本的にはおおきなまとまりとしてとらえることが得意なんです(ゲシュタルト的知覚)。

そしてその多くの人に含まれないのが自閉スペクトラム症を持つ人(の一部)になります

 

発達障害を持つ人は「おおきなまとまりとして捉えることが苦手」と言われています。「細かいことを捉えるのが上手」「おおきなまとまりを無視することが上手」と言い換えることができます。

 

上の図形の例では、小さなHをみつけることが得意だったり、なかなか大きなS(もしくは5)が見えなかったりするんです。

 

自閉スペクトラム症の症状を説明する認知特性

 

「細かいことを捉えるのが上手」「おおきなまとまりを無視することが上手」はわかりやすく「木をみて森を見ず」と言われます。木1本には気がつくけど、森であることには気が付かないんです。

「木をみて森を見ず」の現象から、心理学者たちはさまざまな「仮説」を作りました。

 

弱い全体的統合仮説(Weak central coherence Theory)

自閉スペクトラム症の人は「まとまりでとらえることが苦手」だという仮説です。

その後の研究からまとまりでとらえる能力がないのではなく、「言われないとできない」ことが報告されてきました。つまり、多くの人にとってまとまりでとらえることがでフォルトなのに対し、自閉症の人は細かい情報を捉えるのがデフォルトなのです。

 

亢進した知覚機能仮説(Enhanced Perceptual Functioning)

亢進した知覚機能仮説はさきほどご紹介したの弱い全体的統合仮説とにています。しかし、この仮説では「細かい情報をとらえる能力が優れすぎている」と考えます。もともとはサヴァン症候群(重い自閉症と天才的能力を持つ人)の説明に用いられていました。現在では、幅広い自閉症の人で見られると言われています。

 

自閉スペクトラム指数(AQ)でも計測

自閉症かどうかのスクリーニングを行うときに用いられる自閉スペクトラム指数(AQ)でも「局所への注意」(細かいところがどの程度気になるか)を計測しています。

 

目だけじゃない!音楽でも言葉でもみられる症状

 

今までは目から入る情報についてお話ししてきましたが、例えば音楽にもみられる特性です。発達障害を持つ人は「音のピッチに敏感」と報告されています。これは、全体のメロディより細かい1音1音に注目できるからだと考えられます。

実は絶対音感者に自閉症者は多いなんて研究もあったり・・・!

 

心理学者は、目や耳以外でもないのだろうか?と課題を考えました。言葉を使うということでも、「木をみて森を見ず」な症状は報告されるようになりました。

例えば「The sea tastes salts and _____」(海は味がするの、塩と___)という文章があるとします。___には何をいれますか?

海は塩と水の味がしますよね。なので一般的な答えは水になります。しかし、自閉スペクトラム症を持つ子供の一部は「こしょう」って答えたんです。なんでかって?「塩とこしょう」ってよくセットになっているからでしょう。

つまり、海の味は〜といった文章全体ではなく、塩と〇〇!の部分(細かい情報)だけみて判断していることがわかります。

 

弱い全体的統合仮説や弱い全体的統合仮説は、幅広い「発達障害あるある」を説明できるかもしれません。

 

自閉症の認知特性は何に活かせる??何が得意?

 

自閉スペクトラム症の「細かい情報に気がつきやすい」という認知特性はどのような場面で活かせるでしょうか。具体的な職業で見ていきましょう。

 

心理学の論文では「校正」という仕事が1つあげられていました。文字の間違いを見つける校正では、細かいところに目が行くのは大切です。確かに発達障害の人が得意かもしれません。

 

「細かいミスを見つけることが得意」と考えると、細かい計算をしたり、プログラミングのエラーをみつけることも得意かもしれません。アスペルガーの人がプログラミングが得意といわれているのにも認知心理学的に説明が可能なんです。

 

「細かいことに気を使える」と考えると、わずかな量の差が重要な職業なんかも向いているかもしれませんね。

 

さらに、発達障害の人は研究者に向いているよね!なんていわれることも多いのですが、たしかに細かいエラーに気を配ったり重要なのかもしれません。

 

ここで紹介したのは実際に言われていることやわたしが思いついたことですが、

  • 細かいミスを見つけることが得意

  • 細かいことに気を使える

  • 細かい変化に気がつく

と考えると、できることが多いでのはないでしょうか。

 

自分を再認識するために

認知心理学から報告されている「自閉症あるある」はもちろんすべての発達障害の人にあてはまるわけではありません。しかし、自分が得意なことや苦手なことを分析するきっかけになればよいなと感じています。

 

まとめ

 

認知心理学の研究から発達障害の人の特性と得意なことについてご紹介しました!

 

  • 発達障害の人は細かいことに気がむきやすい

  • 細かいミスを見つけることが得意

  • 細かい変化に気がつく人

  • 自分を理解するきっかかけに!

参考文献

frith, U. (1989). Autism: Explaining the Enigma. U.K: Basil Blackwell. 冨 田 真 紀・ 清 水 康 夫

Happé, F., & Frith, U. “The weak coherence account: detail-focused cognitive style in autism spectrum disorders.” Journal of Autism and Developmental Disorders.36.(2006):5–25.

Navon, David. “The Forest Revisited: More on Global Precedence.” Psychological research1 (1981): 1–32.

Mottron. L., Dawson. M., Soulie` res. I., Hubert. B., & Burack, J. “Enhanced perceptual functioning in autism: An update, and eight principles of autistic perception.” Journal of Autism and Developmental Disorders, 36 (2006): 27-43.

LINEで最新記事情報を受け取ろう!友達追加はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mido

NeBA MEDIAリーダー。慶應義塾大学総合政策学部1年。大学で認知心理学と視線処理を用いた、定量的な自閉症の診断を研究しています。ASD当事者。概日リズム障害、不登校なども経験済み。中高時代はカナダ・BC州に在住 https://midorisugiyama.weebly.com

-もっと知ろう, 発達障害, 自閉症スペクトラム障害
-, , , ,

© 2020 NeBA Powered by AFFINGER5