気分障害 精神疾患

月経前不快気分障害

最近になって、女性の生理の辛さについての発疹が増えましたよね。

実は、生理の不快さは精神疾患の影響のこともあるのです。

どこまでが生理?どこからが精神疾患?

月経前不快気分障害の基本情報をみていきましょう

 

月経前不快気分障害の定義(DSM-5から勝手に簡略化)

A.ほとんどの月経周期で開始直前にB、C合わせて5つ以上の症状があり、月経が始まると和らぐ。終了後には最小限または症状がなくなる。

 

B.下から1つ以上当てはまる

1感情が不安定になる

2イライラする、対人関係でのトラブルが増える

3抑うつ気分、絶望感、自己否定など

4不安、緊張、たかぶり

 

C.下から1つ以上当てはまる

1いつもの活動への興味がなくなる

2集中が困難になる

3だるい、疲れやすい

4食欲が増加または衰退

5仮眠または不眠

6制御不能という感覚

7身体症状

 

D.苦痛だったり、学校や仕事、生活などに影響が出ている

E.他の精神疾患による物ではない

 

月経前不快気分障害の症状

 

気分の不安定さ

気分が不安定になります。すぐに怒ってしまったり、イライラしたり不安になったりします。いきなり泣き出してしまったり、ネガティブなことばかり思いついたりすることがあります。

憂鬱な気分になったり、疲れやすさを感じることもあります、

 

集中力の低下

集中力が低下していると感じます。物忘れが増えたり、頭が混乱していると言った感覚に陥ることがあります。

 

睡眠

眠れない、寝過ぎてしまう、眠気がするなど、睡眠の異常が現れます、

 

食欲

食欲がない、過食など身体的にも症状が現れます。特定のものを食べたくなってしまうこともあります。

 

身体症状

乳房やお腹が腫れる、体がむくむと言った症状が現れます。

 

月経前不快気分障害のその他症状

身体症状

視覚が変化したり、ニキビ、痒みが増えるといった症状が出ることがあります。

頭痛やめまい、立ちくらみを感じることも多いです。また、もともと持っているアレルギーが出やすくなったり、手足の感覚が敏感になることもあります。

お腹のあたりに違和感を感じる人も多くいます。

 

有病率

100人に2人〜6人と言われており、まれな疾患ではありません。

 

月経=生理の前だけこの症状が現れ、その後回復します。

 

月経前不快気分障害について、こちらのサイトが詳しく解説しています。是非参考にしてください。

 

https://hidamarikokoro.jp/kanayama/blog/pmdd(月経前不快気分障害)とは~症状・原因編~/

 

参考文献

Diagnostic and statistical manual of mental disorders: DSM-5. (2013). Washington, DC: American Psychiatric Publishing.

 

PMDD(月経前不快気分障害)とは?【症状・原因編】心療内科|ひだまりこころクリニック金山院,. (n.d.). Retrieved November 14, 2020, from https://hidamarikokoro.jp/kanayama/blog/pmdd(月経前不快気分障害)とは~症状・原因編~/

 

LINEで最新記事情報を受け取ろう!友達追加はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mido

NeBA MEDIAリーダー。慶應義塾大学総合政策学部1年。大学で認知心理学と視線処理を用いた、定量的な自閉症の診断を研究しています。ASD当事者。概日リズム障害、不登校なども経験済み。中高時代はカナダ・BC州に在住

-気分障害, 精神疾患
-

© 2020 NeBA Powered by AFFINGER5