もっと知ろう 精神疾患

自傷と自殺の違いを比較 死にたい≠自殺未遂?

世間でも一般的になってきたリストカットなどの言葉。

しかし、なかなか理解するのが難しいトピックでもあります。そのため、間違った知識や偏見が広まっているなんてことも。

正しい知識を持っている人が増えることは、自傷をしてしまう人たちの大きな支えにつながります。

ポイント

  • 自殺と自傷は異なる
  • 自傷は自殺につながる可能性がある
  • 正しい支援が必要

今回は自傷と自殺は何が違うのか、どのように関連しているのかを考えていきましょう。

【注意】この記事は自傷や自殺と言ったテーマを扱います。(経験談も含みます)今、苦しんでいる方などには適さないかもしれません。それを踏まえた上でご覧ください。また、自傷・自殺を推奨するものではありません。

 

自傷=死にたいではない

 

そもそも自傷というのは簡単にいうと「死んでしまう可能性が低い手段を使って自分を傷つける行為」を指します。

つまり、自傷をする人の多くは死なないとわかっていながら自分を傷つけるということです。

 

実は、2013年に公開されたDSM-5(アメリカの精神医学会が出している、精神疾患の定義)に自傷行為を追加する案が登場しました。

ここでは「自傷とは、自殺の意図なしに、非致死性の予測を持って体に直接的な損傷を与える行為」、簡単にいうと「死ぬつもりがなく、死なないことを確信しながら、体を直接傷つけること」と定義されました。

 

スポンサーリンク

自殺と自傷の違いは?

自殺と自傷というのは、その目的や理由、手段などで大きな違いがあります。

自傷は生きるために行うことが多く、手段もリストカットなど致死性が低いものになります。実際にリストカットなど、体を切る行為で自殺した人は大人で1%、子供だと0.1%しかありません。

一方の自殺は死ぬことを目的としており、飛び降りなど死ぬ可能性が高い手段を使います。

 

また、失敗(=死ななかった)時に気分が良くなるのが自傷、絶望するのが自殺とも言われています。

自殺 自傷
目的 意識活動を終わらせる→死ぬ 辛さから逃れるため

解離状態から戻るため

手段 首絞め、飛び降りなど リストカットなど
苦痛 精神的苦痛 怒りや不安、緊張
自分のコントロール力 自分をコントロールできない 自分をコントロールしようとする
失敗すると 絶望 気分が軽減

 

ちなみにですが、OD(オーバードーズ:大量服薬)に関しては、自傷のつもりでも死につながることもあるため、専門家の中でも扱いが分かれています。

トミー
生きるために行うというと違和感があるかもしれませんが、私は苛立ちを周りに向けないために自分を傷つけていました

自傷の理由は?

主な理由としては、不安や緊張を和らげるため、解離状態から元通りになるため、相手に何か伝えるためなどがあります。

自傷の理由や痛くない理由に関してはこちらの記事で詳しく紹介しています。

こちらもCHECK

リストカット、痛くないのはなぜ? 

続きを見る

 

スポンサーリンク

自傷には対処が必要

それでは、死なないのなら自傷は放って置いて良いのでしょうか。

実はそうではありません。リストカットは放っておくと深刻な問題を呼ぶことがあるのです。

 

自傷は自殺に繋がりやすい

 

自傷する人と自殺は全く関連性がないわけではありません。調査によると、自傷行為の7割が自殺の企図(自殺の計画)につながっているという結果が出ています。長期的に見ると、自傷している人自殺で亡くなるリスクは何百倍も高いのです。

つまり、「自傷で死なない」からといって「自傷している人は死なない」わけではないのです。

 

一番問題視されているのが自傷行為がエスカレートすることです。自傷行為は、不安や苦しみを和らげるために行われています。しかし、これは一時凌ぎにしかならないのです。

根本的に解決されていないと、自傷は続きます。そして、繰り返していると徐々に効果は薄れてしまい、自傷がエスカレートをしていきます。

結果、深く切ったり、顔や首、お腹など(フェイスカット・ボディカット)危険な部位を切るようになります。過量服薬(OD)などの自殺企図につながっていくこともあります。実際に過剰服用(OD)した人の多くはリストカット歴があると報告されています。

 

トミー
腕を切っても満足できない時には、肩やお腹を切ってしまっていたこともあります。切っても切っても痛くなくて焦っていました。
トミー
自傷は繰り返していると必ず満足できなくなります。歯止めが効かないと取り返しがつかないなんてこともあり得るのです。実際に私はOD(大量服薬)をするのは切っても耐えられなかった時でした

 

感情が表せなくなる

自傷行為をする人の問題は自傷することではありません。「周りに相談せず、悩みを相談しないこと」です。

自傷行為で自分の感情を行動にうつすことは、自分の気持ちを言葉にする機会を奪ってしまいます。

リストカットを長くしている人の中で、泣けなかったり何も感じないという人がいるのはこのためだと言われています。

 

アイデンティティの一部になってしまう

世の中には自傷、例えばリストカットを自分の一部にしてしまうケースがあります。これが「リストカッター」と呼ばれる人たちです。

自傷をSNSで晒したり、自傷をしていることをステータスとしてしまうのです。この場合、お互いの影響から自傷行為がエスカレートしてしまう可能性があります。

 

アイデンティティの一部にしてしまうのは、リストカットだけでなく精神疾患全般に言えることかもしれません。リストカット自体は異常な心理ではありません。しかし、あくまで「自分がしてしまう行為」であることを忘れないことも大切です。

 

自傷と精神疾患の関係

自傷をしてしまうからといって、いますぐ医療の介入が必要なわけではありません。

しかし、精神科に行った方が良いケースも存在します。特に自傷が「死ぬための行為」に近づいている時は、何か対策をした方が良いこともあります。

 

境界性パーソナリティ障害

かつて、自傷=境界性パーソナリティ障害と考えられていたほど、自傷と近い疾患です。(現在はそういった認識はないです。)

感情の上がり下がりが激しく、他の人への評価もコロコロ変わります。見捨てられる不安の強さから、自己破壊の行動に走り、自傷行為を繰り返したり自殺をほのめかすことがあります。

 

統合失調症

統合失調症の初期症状として自傷行為が現れることがあります。

また、自傷を「幻聴に(何かに)命じられている」と感じた時も注意が必要です。

特徴としては、危険な自傷を行おうとします。生命の危機になるレベルのものが多いので、早急な対応が必要です。

こちらもCHECK

統合失調症

続きを見る

 

強迫性障害

強迫性障害は、ある特定の行為を繰り返し行ってしまいます。〇〇をしなくてはならないと思い、自分でも止められないのです。

切るなどの自傷行為の他にも、毛を抜いてしまう抜毛症、皮膚をかきむしってしまう皮膚かきむしり症というものがあります。髪の毛が生えてこなくなってしまったり、かくことによって体が血だらけになってしまうケースもあります。

 

摂食障害

自傷と摂食障害は実は関係が深いのです。というのも、自傷の1つとして極端なダイエットを行うことがあるためです。

また元々自分に厳しい性格の人が多く、習慣的にリストカットなどの自傷行為を行うこともあります。

 

解離性同一障害

 

もし、自傷したときの記憶がない場合解離性障害の可能性があります。解離状態とは、自分の言動や行動が自分のものでないと感じる症状です。

気がついたら血が出ていたり、切っている場合、自傷が行われている時に解離しているかもしてないのです。

 

多重人格、と言われればイメージがつきやすいかもしれません。解離が主な症状の疾患です。自分の発言や行動が自分のものでないように感じます。そして、代理の人格がコントロールを行うようになります。代理の人格が自傷を行っている場合、自傷している時の記憶は曖昧になるのです。

こちらもCHECK

人間の自己防衛・病的解離について

続きを見る

外傷後ストレス障害(PTSD)

何か強いストレスを経験した後に発症する障害です。

中には衝動的に自傷する人がいます。

 

発達障害

頭を強く打ち付ける、自分を叩くといった自傷は実は発達障害の症状の可能性もあります。

これは、「死にたい」という願望は全くなく、落ち着かなかったり、駆り立てられるように自傷をしています。行為自体に意味はないのです。

こちらもCHECK

自閉症スペクトラム障害(ASD)

続きを見る

 

スポンサーリンク

自傷を見たらどうしたらいい?

友達や家族が自傷をしているのを見たらどうしたら良いのか。

対応についてはこちらの記事でまとめています。

こちらもCHECK

子どものリストカットに気がついた時、自傷へ家族は何ができるのか

続きを見る

 

 

 

[参考]自傷や自殺未遂を精神疾患にしようという案がある

アメリカ精神医学会の発行しているDSM-5 。これには、今認められている疾患の他に、臨床や精神疾患の理解・診断のためのセクションがあります。これがセクション3です。

臨床研究やこれからの研究を高めていくことが目的になっています。新しい診断基準や、方法などが乗っているセクションです。

 

ここにSuicidal Behavior Disorder(自殺行動障害) とNonsuicidal Self-Injury(非自殺的な自傷行為)という2つの病気のカテゴリーが出てきました。

 

自殺行動障害(Suicidal Behavior Disorder) とは

診断基準(提案)

 

a.2年以内に自殺未遂をおこなった。(その行動が死に繋がると自覚して行われている。)

b.非自殺的な自傷行為の基準には当てはまらない

c.自殺念慮・希死念慮や準備だけではない

d.妄想や混乱状態で行われていない

e.政治的や宗教的な行いではない

 

自殺行動障害の症状

オーバードースなどの薬物の大量服用や、飛び降り、発砲などが含まれます。致死率が高く、救急搬送される、病院での手当が必要なものという見方もできます。

 

簡単にいうと自殺未遂です。自殺未遂とは、死のうとして行う行為を指します。死ぬ意図がないもの、死ねる確率が低いものは、この疾患とは診断されません。(ほとんどのリストカットなど)

 

どの程度しのうとしていたのかを測るのは難しいのが現状です。入院を拒否したり、周りの人を傷けないために、自殺未遂を認めないことがあるからです。そのため、準備間の長さや精神状態、思考、気分安定薬の使用状態などを考慮する必要があります。また、自殺未遂に関連した出来事(病気が発覚した、周りの人が亡くなった)などがないかも調べる必要があるとされています。

逆に未来の計画を立てていたり、将来について人と話している場合は死ぬつもりは低いと判断されることもあります。

 

また、自殺をおこなっている途中に気分が変わったり、周りに止められたケースを含みますが、行う前に思いとどまった場合はこのケースにはならないとされています。

つまり、薬を大量服用しようとしたとして、全て飲み終わる前にやめた場合は含まれますが、飲む前にやめた場合は含まれないのです。

 

3人に1人は、一度自殺未遂をすると繰り返すという報告があります。

 

 

一緒に発症する病気

 

自殺行為は、双極性障害、うつ病などの気分障害、統合失調症、不安障害、薬物依存障害、境界性パーソナリティ障害、反社会性パーソナリティ障害、摂食障害、適応障害などで見られます。厳しい治療の最中だったり、政治や宗教などの理由がない限り、これらの疾患がないことは珍しいです。

 

スポンサーリンク

非自殺的な自傷行為(Nonsuicidal Self-Injury)とは

診断基準(提案)

a.過去1年間で、5日以上、体の表面から血がでたり、あざができたり、痛みを与えることが目的の行為を行う。(死ぬことが目的ではない。)

b.以下のうち一つ以上当てはまる

-マイナスな感情や認識な状態から安心するため

-人間関係の問題を解決するため

-プラスな感情を引き出すため

c.自傷の意図が下の最低一つと関連している

-自傷の前に人間関係での難しさや、マイナスな感情・思考がある

-自傷の前に行動を抑えられないといった先入観の時期がある

-自傷についてよく考えている

d.社会的に受け入れない行為(ピアス、タトゥーなどは含まない

e.行為の結果によって人間関係、学業などが妨げられている、またはストレスになっている

f.精神病や妄想、薬物依存などの状態は含まない。また、神経発達障害の場合、常同行動ではないことが条件になる。

 

非自殺的な自傷行為の症状

目的がマイナスな感情をなくすこと、(緊張や不安など)や人間関係のトラブルを解消するのが目的となっています。やり続けると、深く、また量も増えていくと思います。

 

ナイフやニードル、レーザーなど尖ったものが使われることが多いです。それ以外にも針やナイフで刺したり、火であぶるなどの行為が含まれます。

 

非自殺的な自傷行為では、相手の注目を集めるためではないということも含まれています。また、他の疾患に当てはまる場合はそちらが優先されます。

発達障害の場合、それが常同的な行為でないことが条件となります。

また、自傷行為が精神病や妄想、薬物依存などの状態でないことも条件です。

含まれない疾患としては、他には境界性パーソナリティ障害、抜毛症(髪の毛を抜いてしまう)、皮膚掻きむしり症などもあります。

まとめ

自傷と自殺の関連性について少しわかったでしょうか。自傷している人が「生きるため」と言っているのを聞くと疑問に感じるかもしれません。

しかし、自傷と自殺は異なるのです。そして、自傷で死なないからと言って、その人が自殺しないというわけでもありません。

自自殺にたどり着く前に支援を受けられる人が増えるためにも、傷について正しい知識や支援方法が広まることは大切です。

スポンサーリンク

参考文献

松本俊彦, 非自殺的な自傷行為, 臨床精神医学 45(3), 319-326, 2016

松本俊彦, 【子どもの自殺をめぐって】 子どもの自殺と自傷行為, 児童青年精医と近接領域 56(2), 159-167, 2015.

松本 俊彦, 井出 文子, 銘苅 美世, 研究と報告 過量服薬は自殺と自傷のいずれなのか 自殺意図の有無による過量服薬患者の比較, 精神医学 55(11), 1073-1083, 2013.

松本 俊彦,青年期の自殺とその予防 自傷行為に注目して, ストレス科学 24(4), 229-238, 2010.

川谷大治, リストカット, 小児科診療 / 診断と治療社 [編]; リストカット, 69m915-917,2006.

宮田 雄吾, リストカットと解離・転換症状, 子どもの心とからだ 日本小児心身医学会雑誌, 25(4), 337-338,2017.

松本 俊彦, 児童・青年期の非自殺性自傷 ─嗜癖と自殺との関係から─, 児童青年精神医学とその近接領域, 60 巻 2 号 p. 158-168, 2019

松本俊彦, 自傷・自殺のことがわかる本,  講談社, 2018.

Diagnostic and statistical manual of mental disorders: DSM-5. (2013). Washington, DC: American Psychiatric Publishing.



LINEで最新記事情報を受け取ろう!友達追加はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mido

NeBA MEDIAリーダー。慶應義塾大学総合政策学部1年。大学で認知心理学と視線処理を用いた、定量的な自閉症の診断を研究しています。ASD当事者。概日リズム障害、不登校なども経験済み。中高時代はカナダ・BC州に在住

-もっと知ろう, 精神疾患
-, , ,

© 2020 NeBA Powered by AFFINGER5